今日は健康ブログ 検査結果報告。

ども、

今日は模型の話は無しです。
少し前に病院より帰宅して、下肢静脈瘤の結果というか、方針も
決定しました。 8日には8月に受けた特定健診のリベンジ結果も出ました。

まず、特定健診のリベンジですが、達成しました!
腹回り以外、すべての数値で標準(健康体)の数値をたたき出すことが出来ましたw
医者も正直、数値を見てびっくりしたようで、「この期間で何をしたんだ?」と聞いてくる位です。
それだけ、中々生活習慣病は改善されにくいものだという事を知った反面、自分はある意味
特殊というか、恵まれているというか、なんというのか…。
正直、短期間でここまで改善されるのは余程の事をしなければ…という事らしいですが、
本当にほぼ毎日最低30分は速歩でウォーキング又は室内で足踏み8000歩をして
食事の質を変えただけ。(油モノや高カロリーモノを減らして、高蛋白質、魚介と野菜の量
を増やしただけです。 完全に断ち切らず、たまーにから揚げも食えば、寿司も食うし、
ラーメンだって食べるし…。 ただ腹8分目で抑えるようにしました。)
だから、そんなに苦痛だったという自覚も無いので、楽して成功した感が強く、良かったです。

ですが!
ここで慢心せず、今後も今回の数値を維持するように今まで実行してきたことを継続するように
していこうと思います。 ただ、体重などは最適値よりも減ってきているので、逆にこれ以上減らさない
ように筋肉量を増やすような取り組みに変更して最適値より少し多めを目標にします。
そうでないと、今度は免疫力が下がって病気になり易いらしいので…。



そして、昨日と今日と下肢静脈瘤の再検査とそれによる最終的な結論を少し前に決めました。
病気はやはり下肢静脈瘤で交通枝(穿通枝)が原因だという事ですが、血栓があるわけではない
ので、急いで手術しなくちゃダメというわけではない事でした。
ただ、根治させるには手術が必要で一般的な下肢静脈瘤の手術とは異なる方法になるようですが、
今の自分の状態で手術した場合のメリットは静脈瘤のボコボコや色素沈着が良くなる程度の美容的
部分での根治としたら効果大だけど、痺れやむくみ等の諸症状を何とかさせるという点では良くなる
かもしれないけど、経験上そこまで回復するかどうかは疑わしいというか、可能性として低いとのこと。

それなら、今の状態を維持温存させる圧迫療法の方が効果の見込みがあるということ。
ただ、圧迫療法で諸症状を緩和させることは出来ても下肢静脈瘤を治す事は出来ないので、
根治を考えるのであれば、最終的には手術だけど、今は手術よりかは…という話となり、どっちがいいかは
患者である自分の意見を最優先で、どちらでも対応するという…。

で、考えた結果、とりあえずは切らずに圧迫療法で様子を見ることにしました。
別にズボンはいてりゃ、見た目なんか見えないし、それよりかは諸症状を緩和させてほしい気持ちの方が
強いので…。 で、圧迫療法をやって効果が出ない、又は弾性ストッキングというハイソックスみたいな
モノを履く療法なんですが、例えばそれが肌に合わなくてかぶれとか起こして圧迫療法が出来ない向いてない
という事であればその時手術をすればいいかなと…。 という判断をしました。

たぶん、根治を最終目標とする以上はどっかのタイミングで手術はしなければいけないのですが、
今はそのタイミングではないという結論です。

とまあ、こんな感じです。
後は夏からの懸案事項と最近勃発の二つのヘルニア問題を片付ければ…。

でもまあ、一つ、二つ健康問題が解決されて一安心です。
明日の赤穂浪士義士祭、心置きなく楽しんで見に行けますw


次回はまたストフリ記事を週末~週明け頃に更新して、その時一緒に皆さんのところにも
お邪魔させていただきます。

では。
スポンサーサイト