HGUC REVIVE ガンダム 序章3

ども、ここ最近暖かくなりましたね。
日中は半そでで過ごしても大丈夫なぐらい
暑かったりするし、春もあっという間に過ぎて
夏になるんですかねぇ…。


えー、ちなみにコレ予約投稿ですw
なので、コレが更新されたときに何か起こっているかも
しれないですが、預言者ではないので、ここでは触れられません…。
なので、最初の挨拶もざっくり当たり障りない季節的な所で…。

さて、REVIVEガンダム制作にあたっての気になるポイントですが、
今日は残りの下半身ですね。行っちゃいましょう!



DSCN1592.jpg
腰に関しては1にも2にも各サイドのアーマーの裏側ですね。
これにつきます。 埋めてスジボリとプラストライプ併用で
それっぽく見せたいところですが、センスが無い! でも頑張る!!



DSCN1593.jpg
膝裏部分、 今までのキットだど膝関節の都合やパーツ構成上
この部分が抜けていることが多かったのですが、埋まっているこの
キットは有難い! 優秀!! でも合わせ目が出来てしまいます。
でも恐らく簡単に消せそうなので、処理しましょう。


DSCN1594.jpg
合わせ目はふくらはぎからアキレス腱にかけても発生します。
これも簡単に消せそうなので、問題なし。


DSCN1595.jpg
足で個人的に気になったその1がココ。 アンクルガード。
やはり造形が緩いんですよねぇ…。 合わせ目を目立たせない工夫が
優先されているのは有難い事なのですが、それによって中途半端なディティールが
発生してしまうのは勿体ない。 ここも前腕同様、どっちかの方向性で進めようと
思います。


DSCN1596.jpg
DSCN1597.jpg
足で気になった部分その2
アンクルガードの接続軸部分。
個々のマルイチだけ画像のようになってます。 肘や膝のマルイチは
画像の通りなだけに勿体ない。 かといって軸にもなっている部分なので、
同じ作りにするには強度などの面でも物理的に不可能だからしょうがない。
ここは塗装で対応するしかないですね。 それかいっそのことGFTバージョン
みたいにG3ガンダム(マグネットコーティング)させちゃうのもアリかも。



DSCN1598.jpg
あとは、スリッパ裏。 ま、いつもの事ですよねw
ただ、今回は台座に固定させてしまう事になりそうなので、
スリッパ裏が見える場合だけパテ埋めとかで対応して、固定で
見えなくなる部分は若干見えてしまう部分だけプラバンでふさぐという
簡易方法で対処します。


とまあ、こんなところでしょうか?

武器類は大体がモナカだったりするんで、その辺りを処理することと、
後は全体的な追加ディティ。 これをどうするかですね。

アニメ準拠のシンプルなスジボリ少なめ路線に仕上げるか、ハイディティ
(あくまでも自分の技量でのハイディティです。 すんごい人達から見たら
ノーマルなディティレベルですが…)に仕上げるか等々。

そこらへんはカラーリングとの相談にもなると思うので、カラーを決めて
もう一回決めポーズを再確認してその上で、ある程度の方向性を決めつつ
製作しながら再確認という感じになりそうですね。


ということで、REVIVEガンダム 序章 はここまで。

次はストフリ製作の進捗状況を少しでも更新できればいいなぁ…。


んでは。
スポンサーサイト