HGUC REVIVE ガンダム その1

ども、関東は桜も終わり
藤の花が見頃になってきましたね。
今年も亀戸の藤祭り&餃子セットに行かねば!


さて、ストフリをやる気にさせる為のプロジェクト
「REVIVE ガンダム GM化計画(仮)」
スタートしました。

GM化といってもGMに改造するという事ではなく3個同時製作という
意味でのGM化という事になります。

制作の方はほんの一時間しか時間が無かったので、
ほんのちょっとしかやってませんが…。
とりあえず、今日の成果をば。

DSCN1601.jpg
DSCN1605.jpg
アンテナは2種類作りました。
一種類目は上の画像の左側。 右側は加工前です。
アンテナ端の安全用部分を切り飛ばして全体を成形してキトンキトンに
させるというありきたりな、ごく一般的な方法にしました。

で、もう一種類は下の画像の左側。 これまた右は加工前。
安全部分を利用した作りにしてみましたが、これまたキトンキトンに
仕上げてますw これもまあ、そんなにマイナーな方法ではなく
広く知られているのかな? でもまあ、何万というガンプラ制作人口
からすればやってる人は星の数ほどいるんだろうと思います。


そして、顔の合わせ目けしの為の後ハメ方法ですが、
パーツとにらめっこする事10分前後。 頭の中の電球
(LEDではないw)が点灯し、今回はこんな感じで行きました。
DSCN1602.jpg
まず、赤パーツの後ろを画像のような状態します。



DSCN1603.jpg
そして、わかりづらい画像ですが、よーく見てもらえると左側の方が
左右の幅が狭くなっているのが分かるかと思うんですが、どうでしょう?

手を加える前の状態だと赤部分に少し出っ張りがあり、コレがはめ込みの
邪魔になるので、カットしています。



DSCN1604.jpg
更に、頭の前後モナカの前側の裏になりますが、
赤く塗った部分のおでこ辺りの接続ダボと頬部分にある出っ張り、コレをカットしてしまいます。

因みにおでこ辺りのダボは残してさっきのフェイス部分の丸穴の上部を切り取って
はめ込むという方法もアリですが、最終的な出来栄えはどっちでやっても変わりは
殆どなさそうです。

これで、後ハメが出来ますんで、心置きなく前後モナカをむぎゅっとやる事が可能です。
因みに今回の方法でもある程度、キッチリ嵌りますが、完成時は赤パーツの赤丸部分に
接着剤をほんの少し、接着する際にはみ出さないぐらい少しでいいので塗ってはめ込むと
より良い完成品になるかと思います。



で、むぎゅっとやる前に一個だけ頭部形状変更というか、
ディティール追加を。
DSCN1608.jpg
こんな風に切り込みを入れて置き




DSCN1609.jpg
エバーグリーンのプラストライプ、
今回は0.5mm×2.5mmを使用してこんな感じのものを作ります。



DSCN1610.jpg
で、それを切り込みに差し込めば…。
こんな風なディティールの完成です♪



今日の製作はここまで。



後は、3スタイル製作する中のライフルモードのポーズを
改めて考えなおしてみようかと…アレコレやって、途中「面倒だから
素立ちでいいかなぁ…」と思いつつ、最終的にこれにしようかと落ち着きつつ
あります(未だに決まってませんwww)
DSCN1611.jpg
DSCN1613.jpg
DSCN1615.jpg
DSCN1616.jpg
制作依頼じゃないから時間は腐るほどあると思ってじっくり考えますw


次回はちと全然違う話になります。

んでは。
スポンサーサイト