クッソ忙しいィィィィィ! けどね、一味違うのですよ。

ども、

本業で、新しいクライアントさんがちょっと立て続けに入ってきて
経営的にはウハウハ、商売繁盛で有難い限りなのですが、
そんな本業がクソ忙しい状況なので、趣味が全然できない…。
(え?もともと牛歩で進んでねぇじゃないか!だって?
その通りですwww)

まったく進めない…。 今までの傾向として良くないパターンですね、コレは…。

いつもなら、
仕事が忙しくなる→心身ともに疲れる→休養優先になる→模型の時間が減る、無くなる
→製作ストップ→やる気が失せる
というわかりやすい一連の流れになるのですが、今回は違うのです。

GW明けてからは完全な休みは1日のみで、1日12時間以上労働が
連続していて確実に心身ともに疲れている状況なのですが、今の自分には
頑張れる理由が…。

来月10日から上映の「めがみさま」。
これを近所の映画館で観よう~って前々から思っていたんですが、
何故か、この片田舎の映画館に舞台挨拶があるという…。
これはもう、絶対に見に行かないとダメになり、速攻で舞台挨拶のある
上映会の予約をゲット。 



玲奈さんに会える!
(というか、見れる が正しいですね)



今の自分の仕事&模型のモチベは全てこれに依存してますw
この日を楽しみに頑張れている。 これが無かったら模型の方は
完全にモチベを失ってストップしてると思いますw


つうことで、来月10日までまだまだ地獄のスケジュールとハードワークが続くし、
模型製作もほとんど手つかずになりそうですが、風呂の最中とかにREVIVEガンダムも
ストフリの方ももっといいアイデア無いかなぁ…とか考えています。
モチベをかろうじて維持していますwww


ということで、近況的な感じですが…。

あ、ちょっと待った。
最近文字ばっかのブログになってしまっているので、REVIVEガンダムの
これから、紹介していく画像の一部を先行上映しちゃいますw
DSCN1622.jpg
見ての通り、首を弄って高さを変えてます。
これ、横からだと右側の方が良い高さに見えるんですけど、
正面から見ると、違ってくるんですよねぇ…w
現状REVIVEガンダムはボディをほぼ終え、腕に取り掛かっているところです。

そして、停滞しているストフリの方も、ドラグーン関連で色々と当初の予定とは違った
アイデアが前に出てきて、それを実現できるか風呂に入りながら設計図書いて
実現可能かという所まで進んでますよ。 あと、片足が放置されてますが…w
(それにしても我ながら風呂の中で設計図を描くという行為は如何なものかと思いますが…w)


とにかく、頑張るべ!

では。
スポンサーサイト

素人的ツールレビューw

ども。

白い悪魔号事件では励ましのお言葉屋共感を頂き有難うございます。
お陰で少し傷が癒えたというか、前を向けました。
その後、車の件についてはこの間の週末で進展がありまして…。
ただ、それについて書くと今回凄い長い記事になるので、
ここでは割愛します。(本店の方では詳細を書いたんですが、
凄く長いブログになってしまったので…。)

とりあえず、新しい相棒は
(仮)やらせはせんぞ! byドズルwithお婆さん号と命名しました。
スンマセン、ネーミングセンスゼロ以下でwww
なんかいい名前があれば宜しくお願いします。

そして、本当に嫁実家には勘弁してくれという気持ちと
クソっぷりを改めて思い知らされました。


と、愚痴はやめて模型の話しましょう。
少し前にツイッターで呟いた精密彫刻刀と手回しボール盤の使用レビュー的な事を
lost oneさんからリクエストがありましたので、自分としてもブログ記事として
使えるという事で今回することに♪

まず、手回しボール盤。
DSCN1691.jpg
文字通りボール盤の手動式。
価格は税込みで3700円ぐらい。




DSCN1686.jpg
DSCN1687.jpg
使い方はピンバイスをチャックにセットして、
高さを決めてバネを縮めた状態にしながら決めた高さで固定し、
後はグルグルと回せばバネが伸びた状態になって行き穴が開くという
バネの反発力を活かした仕組みです。
画像では1mmプラバンを使用してますが、あっという間に開きます。
1回転から2回転で開いちゃうというと若干オーバーかもしれないですが、
それに近い感じで開きます。




DSCN1688.jpg
DSCN1689.jpg
で、開け方としては透明の土台の上に対象物を乗せて開ける方法と
土台の下に対象物を置いて開ける方法が出来ます。
ただ、土台の下に置く場合は対象部を固定させる必要があるので、
土台についてるすべり止めパッドの厚みよりも厚いモノでやる必要があります。

あと注意点としては、使用する際には何か要らない板などの上で作業する方が良いです。
作業マットでもいいんですけど、作業マットに凹凹が沢山出来ると思いますw



DSCN1690.jpg
開けた穴の状態。
かなりの力というか負荷で穴が開くので、開けた面の裏側はバリが出来やすいです。
画像はちょうど裏面です。 ドリルが入った正面側は奇麗な円になりますが、
ドリルが突き抜ける裏面は御覧の通り、バリ取りなど丁寧にやらないと少し円がぶれます。

そういった点からも、同じパーツに何個も穴をあける場合であったり、裏面を完成時に
魅せない場合の穴あけであればかなり有効なツールではないかと思います。




DSCN1692.jpg
続いて精密彫刻刀(一番左)。
これは、前から気になりつつも、スピンブレード(中央)やタガネ(右)があるから、
それ等で代用できると思って買わずにいたんですが、これらで幅のある凹モールド
を作るのは、技量の問題ではあるんですが、いきなりきれいに作れることは中々無いです。
必ず、よれたりして、高確率で失敗…という事を経験します。(実体験談ですwww)

で、少し前にブロ友のテツ(8641FS)さんが使用しているのを拝見しまして、奇麗に
仕上げているのを見て、「ムムム」となりまして。 もちろんテツ(8641FS)さんの技量の
賜物なのですが、精密彫刻刀、やはり買いなのか!?という事で、手回しボール盤も
気になってたし、合わせて購入すれば送料無料になるし、ってことで購入しました。


でもって、実際試したんですが、すごくいい。
DSCN1685.jpg
まだ腕が未熟で使いこなせてないので、画像の見た目では判別が
つかないかと思いますが、右が精密彫刻刀、真ん中がスピンブレード、左がタガネ になります。
幅は全て1mmでやってみました。

それぞれの特徴というか、使用感を比較するとこんな感じです。
①精密彫刻刀 ②スピンブレード ③タガネ

画像の状態までの所要時間
①1分前後 
②3分ちょい
③2分半前後

深さ
①程よい深さ 更に調節しやすい
②浅い ある程度の深さを作るには不向き
③深すぎる 気を付けて作業しないとすぐ深くなる

刃の入り
①滑らかに入り彫れる
②少し力を入れないと辛い、又は入れる角度のコツがある
③通常スジボリで方法である程度スジボリしてから歯の向きを変えて彫ると時間短縮になる

よれ具合(ガイドテープ使用)
①慣れるまではよれが出来る事はあるが少ない
②彫刻刀と同じ
③最初のスジボリを根気よくやってある程度の深さまでやらないとよれが発生しやすい

彫り始めと終わり部分
①あたりを付けて彫れば比較的綺麗に出来る
②あたりが付けにくいので、アタリを付けて彫ってアタリをまたつけて彫るの繰り返し
③あたりを付けて彫れば比較的綺麗に行くが、彫りすぎると崩れるので、注意

彫った面の状態
①そのままでは少し…整面が必要。
②彫刻刀よりかはきれいに出来るが、やはり整面は必要。
③整面は必須 というか、凹面を均一にするまでが面倒かも。

という感じです。
やはり、精密彫刻刀は凄いですが、あくまでも使う人の技量があってこそのツールです。
どんなにいいツールでも使い慣れないと、使いこなせないと意味が無いという事は今回
実験してつくづく思いました。 精密彫刻刀で綺麗に凹面を作るにもたくさん失敗しつつ
腕を磨く必要はありますwww

そして、今回各種比べて思ったことは、どんな凹面を作るかで使い分けるのがいいという事、
あとは、併用するという発想(凹面は精密彫刻刀、整面はスピンブレードといった棲み分け)で
使うと完成度がかなり違ってくると思いました。

あと、タガネですが、細いスジボリ(0.2mmとか)入れる際はあまり気にせず、サクサクと
凄く便利だなぁ…と思って使ってましたが、太くなるにつれてキレイにスジ彫りするのが
難しいです。


ということで、ツールレビューでした。
最後まで見て頂き有難うございました。


それではごきげんよう。

GW直前怒りの大噴火とGWの気ままな一人旅

ども。

久々の更新になりました。
皆さん、GWはどうでしたか?
家族サービスに励んだ方もいれば、いつもと変わらない日常だった方も
いらっしゃったかとおもいます。

そんなGW,自分はというと、前回記事にもあった愛車の件で、ただでさえ、
勝手に乗換えの話を進められ「はぁ!?」って感じだったんですが、乗り換えが
5月1日のあさイチと4月28日に一方的に通告…。(ブログ更新した数時間後に
通告が…)
流石に切れました。 勝手に話を進める嫁の実家にもそしてそれを容認する嫁にも。
 我慢ならんかったです。

もともと、自分の実家にも相手の実家にも干渉されるのとか、必要最低限の付き合い
以上はしたくないと思っている性質だったので、結婚には向いてない人間なのですが、
そういうことはないという事で結婚して10数年、最初の頃は干渉もなくノビノビしてましたが
最近、何かにつけて絡んでくるようになり、うざいなぁ…と思いつつ我慢してましたが
今回の一件で完全にブチ切れまして…。

で、行動しました。
4月29日から5月7日まで寝袋や着替えとか色々と積み込んで白い悪魔号で今まで
18年間で行った場所を近場から遠くまで全て回ってきましたw 5月1日の乗換え引渡し
には一度も納得も認めてもいないんで完全に無視してwww

で、7日の夜に帰ってきたら、案の定義父・義母・嫁共にカンカンw
けど、こっちも腹の虫が収まってないんで、今まで我慢してきたが干渉しないという事を
結婚前に何度も念押ししたにもかかわらず、今回のやり方はあまりではないのか?
そもそも愛車の所有権は自分であって、あんたたちではない、いくら愛車がボロくても
自分にはコレで十分満足しているのに、なんであんたらにいろいろ言われなきゃならんのか
訳が分からん。 引き渡しが1週間遅れたぐらいでガタガタ言ってくんな、あんたらが自分にした
ことと比べたら大したことではない。 今後、二度と干渉するな!しばらくは距離置かせてもらうし、
これ以上干渉するようなら、嫁突き返すから覚悟しとけ!

と、いう内容をオブラートに包まずほぼ上のような言い方で言い返しました。
嫁の親であり、人間としても目上の人であるから、今までそういうことは言わずに
一歩下がっておりましたが、このままでは干渉しないでくれという当初のお願いすら
なし崩しにされるし、次は何されるかわからないし、たまったもんじゃないという事で、
どっかでこういう事をしなければならない時がとうとう来たってな感じです。

嫁は今回の件でここまで激しく怒る自分をはじめて見て、流石にマズいと思ったのか、
かなり反省しているようで、乗換で回ってきた車は乗らずに売って、そのお金と貯金で
違う車を買おうと提案してきています。 

とまあ、今年のGWは荒れましたw
けど、愛車と最後に過ごした時間は楽しくいい思い出になりました♪
GW期間ずっと運転してたから、腰などにかなり負担があり、しんどいですが、
昨日から仕事も再開、模型製作も合間を見つつやってます。

なんか、愚痴というか、今回はあまりいい話ではなく申し訳ないです。
次回からはまた模型製作の記事に戻りますんでお許しを。

では。