支店未発表ストフリ製作画像

ども、

ようこそ、おこしやす。

ストフリ作るぞ詐欺の10ku1ですw
いやぁ、実際のところ、今週からようやっと触手がw
ブログには書いてなかったんですが、PCとWMの読み込み事件?
からWMを買い替えしてから、音響設備にあれこれ気持ちが動き出して
1か月ほど前から、「コンポも買い替えるべ」という発想が。
今使ってるコンポがぶっ壊れたわけでもないんですけど、買い替えて、
今使ってるやつはテレビに光デジタル配線でつなげて使えばいいかなと。
で、1か月間どれを買うかですんごく悩みました。 最後の方はもう、訳が
わからん状態でしたよ。
ここ1週間は絞りに絞った2種類の性能表とのにらめっこと両メーカーへの
質問攻めでしたw 今まで使っていたコンポと同じという事での安心と信頼感、
そして通常音質面と外部接続の多さで優位のONKYOとWMとの互換性と
高音質で優位のSONY。 1週間の最初の方は互換性重視でSONYで傾いて
いたんですが、割と静かなお店で普段聞く音量であろうレベルで聞いたときに
SONYの音質だとちとキツイと分かってから、ONKYOに傾きだし、WMとの互換性が
無いというネックも店員さんが裏技を見つけてくれて解消されたし、サブウーファー接続が
希望でもあったので、最終的にONKYOにしました。 前にも使っていたから操作も
しやすいし。 後はメーカー質問の対応の早さと回答のわかりやすさ。
ONKYOさんのサポート無茶苦茶早いです! そういう所もポイントになりましたね。

だからと言ってSONYのサポートが悪いわけでもなく、製品も決して悪いわけではないです。
ただ、自分が求める音とはちと違ったというだけ。 ハイレゾを重視した結果、高音域は
スゲーーと思えるんですが、低音域が脆弱すぎました。 せめてサブウーファー接続が
簡単にできるのであれば…なのですが、端子が付いてないという…。これは致命的でした。
後は、互換性で優位ですが、自分の場合、ワイヤレスヘッドホンがあるので、そっちで聞けば
似たようなもん(というか互換性の機能面では同じ)というものポイントでしたね。

と長々とコンポの話になりましたが、今後買う予定がある方は、ご参考にw


さて、コンポ話に長々と時間を割いてしまいましたが、久々に模型ブログらしく。
模型の記事を…。
つっても、本店のおさらいになるんですけどね。
とりあえず、だいぶ前に載せたレールガン&腰のおさらいになります。
久々なんで画像大量投下します。 前に載せたのも混じってるかもしれないですが、
その辺はご愛嬌という感じでw
かんたんな説明と共にどうぞ。
DSCN1366.jpg
DSCN1367.jpg
DSCN1368.jpg
DSCN1372.jpg
この辺は合わせ目が出来る部分を消すための加工処理です。



DSCN1369.jpg
でもって、これが、後々ビームエフェクトを取り付けるための加工。








DSCN1379.jpg
DSCN1372.jpg
DSCN1380.jpg
DSCN1381.jpg
DSCN1385.jpg
DSCN1386.jpg
DSCN1387.jpg
で、こっから順番が無茶苦茶ですが、後ハメ加工の為のカットや
合わせ目けしの為に元ディティを切り取って成形して、最終的に違う形状のものを取り付けるための
準備だったり、エッジ出しをしたり…そんな感じの作業をコツコツやっとりました。
あとは、レールガン上部にも内部パーツむき出し感を出すために3mmスジボリを行って
そこに半丸のプラ棒をはめ込むといった事と全体的にノッペリ部分なので、プラバンを貼ってのディティ
で立体感を出しに行きました。



DSCN1395.jpg
DSCN1396.jpg
DSCN1397.jpg
DSCN1399_20170331153350f4a.jpg
DSCN1400.jpg
DSCN1401_2017033115335382a.jpg
DSCN1402.jpg
DSCN1403_201703311533566d7.jpg
DSCN1406.jpg
DSCN1407.jpg
DSCN1408.jpg
DSCN1409.jpg
DSCN1411.jpg
DSCN1423_20170331153712a43.jpg
DSCN1431_20170331153714fd1.jpg
DSCN1432_20170331153715f69.jpg
DSCN1433_20170331153815377.jpg
DSCN1434_20170331153816ce4.jpg
DSCN1486_20170331153818701.jpg
この辺りも基本的には上と同じような工程です。
上で行った工程で、「なんか違う」と思った部分を中心に追加作業をしたり、
当初の予定だったビームエフェクトを取り付けて見たり…。
因みにビームエフェクトの取り付けに関しては砲口部分を独自にでっちあげて
新たな砲口をプラパイプで作り上げてそれを機部としてはめ込み式にしてます。
あと、実機で存在したら明らかに収納時、邪魔になるであろうセンサー部分。
コレはプラ板の箱組ですが、接着面は1mm角棒を接着させて接着面を多くして
接着。強度保持をしてます。
そして、各種に凸ディティを入れたので、同時に凹ディティとしてスジボリも。
そして、後部ダクトは延長してシイタケにてフィン作成。
ダクト内部はシイタケがしっかりハマるようにエバグリのパターンプラバンを貼り付け。
溝にシイタケのフィンをはめ込むという方法です。 ちなみに0.25mmです。
そして、フィンをわざと大きく外にはみ出すようにさせました。
今回全体的にチラ見せでゴールドフレームが出るようになっている関係上です。



DSCN1378.jpg
DSCN1377.jpg
DSCN1376.jpg
DSCN1375.jpg
DSCN1388.jpg
DSCN1389.jpg
DSCN1390.jpg
DSCN1391_201703311531218a9.jpg
DSCN1392_20170331153123378.jpg
DSCN1393.jpg
DSCN1394.jpg
DSCN1410.jpg
後はふんどし部分とレールガン基部(サイドアーマー)、サーベル。

ふんどし部分は基本、エッジ出しを中心としてスジボリディティ、
レールガン基部についてもほぼ同様で、ボールパーツの埋め込みなど
アクセントを入れてます。 サーベルに関しては持たせることを前提としていない
(腰にマウントさえるだけ)ので、スピンサートなどを駆使してちょっと豪華っぽく。
(小市民、庶民レベルの豪華なので、その辺は…www)

フロント及びリアアーマーは現在、まだ調整が続いてます。
というのも、ユニコーンみたいな感じにしてみたら…という妄想が沸き起こりまして、
可動しなくてもいいからデストロイ状態?を再現してみようと取り組んだのはいいんですが、
悪戦苦闘中です。 ただ、もう戻れないところまで来ているというか、もうちょいでなんとか
なるところまで来ているので、引き続き頑張ります。



とこんな感じです。
長々と最後まで見て下さり、有難うございました。

では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する