HGUC REVIVE ガンダム 序章1

ども。

ブロ友の中では最古参のブロ友、k-hirataさんの生活圏内にある
ホームセンターハンズマンの半期に一度の
ガラクタ市が羨ましい10ku1ですw

今日はストフリの合間に作ろうと思ったREVIVEガンダム、
これをじっくりと見て、手を加えるところを大まかにまとめました。

ブログでこうして書くのは初かもしれないですが、いつも製作する前に
メモ用紙にざっくりと改修部分等をメモする習性がありまして…。

ま、それを今回ブログでやってみようかと。
ただ、あくまでも大まかなものであって、実際作業を進めるにあたっては
変更・追加・削除が発生しますが。それはその時次第ということで。


ま、とりあえず、上から順に見ていきましょう。

アタマ
DSCN1579.jpg
まずは、アンテナ。 HGシリーズではおなじみのこの形状。
対象年齢8歳以上である以上、どうしてもできてしまうコレを
無くすか、活かすか、じっくり考えましょう。

そして、前後モナカ割りで発生する合わせ目、これもどうにかして
消す方向を考えなければなりませんね。


DSCN1580.jpg
次に顎。
形状がかなり緩いので、ここはパキッとさせてガンダムっぽく
させてあげないと…。


DSCN1581.jpg
後はバルカンの砲口。穴が浅いので、もうちょい開けてしまいたい。
この砲口に限らず、このキット結構緩い造形が部分があったりするので、
全体的に彫り直しとかが必要かも。 でもそれだけでかなり完成度が変わる
キットだと思います。




ボディ
DSCN1582.jpg
首、細いんですよね…。
そしてポリパーツ…。 とりあえず、薄く削って(粗削り)プラバンを
囲う形で貼っていって少し太くさせようかなと。 画像無いですけど、
裏側抜けてるし、ここはなんかしらやらないとダメぽなんで。


DSCN1583.jpg
肩口の合わせ目。
こうしてみると段落ちになってるっぽいんですが、やはり緩い…。
段落ちをしっかり作るか、いっそのこと消してしまうか…になりそうですね。


DSCN1584.jpg
DSCN1585.jpg
バックパックは今回3体作りますが、恐らく背中のこの穴はどれも使用は
しないかと思いますんで、ふさぐ方向で。 ただ、もしかしたらシールドを
付けた状態を再現できるようにも遊びの幅を持たせようかな?とも考えて
いるので、その場合はネオジムを仕込んでやろうと思ってます。

そして、バーニア。 シンプルすぎるので、なんか手を加えようか考え中です。
ただ、全体のディディをあまり加えない方向性で製作する場合はかえって
このシンプルさが活きるので、その辺は全体のバランスと合わせて臨機応変に。

あと、サーベルは少しディティを追加してカッコよくさせたいかなと。




と、今日はここまで。
次回は続きをどっかで更新します♪


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する